◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政書士試験に合格するためにはコツがあります。

 

合格するためには、合格点を取らなければなりません。

合格点を取るためには、

試験に出題される問題を繰り返し解くことです。

試験に出題されないような分野を一生懸命学んでも、

試験の点数は伸びません。

 

具体的には過去問演習です。

過去問演習にしっかり取り組めば合格は可能です。

※科目ごとに過去問を活用するかどうか判断しますが、

 基本的に過去問演習は必要です。

 詳しくは、こちらのブログで。

 

ただ、行政書士試験の試験科目である法律は、

全体がわかって初めて個々の部分が理解でき、

逆に、個々の部分を理解して、初めて全体がわかる、

という性質をもっています。

 

それゆえ、ある程度の実力がつくまでは、

どうしても理解できず、

弱点となる部分が出てきてしまいます。

 

スマート塾では、受験生の弱点を把握し、

合格するために、どこを勉強すべきなのか指導します。

 

入塾希望の方は、お気軽に、ご連絡ください。

スマート塾:お問い合わせフォームはコチラ

 ブログは、コチラです。

(行政書士試験スマート勉強・合格法)

 

 

 

 

平成27年5月6日